気になるシミをきれいに消して本来の美しい肌に戻す方法

この記事を書いた人

ペンネーム:麻子
プロフィール:IT企業を退社して現在はフリー。学生時代からコスメおたくです。コスメ売り場に行くと幸せを感じます。ストレスで肌がものすごく荒れてしまった反省から、心身の健康にも気を使っています。

紫外線のダメージとシミ

日焼け止めを塗っていても完璧にシミを防ぐのは至難の業です。

シミができる理由は人によって異なりますが、最も多いのが紫外線によるシミです。
老人性色素斑は紫外線を浴びると出てくるシミで、特に30代に入ると出やすくなります。
紫外線を浴びたダメージが肌に蓄積した結果として徐々に現れます。
老人性色素斑は一旦出てくると自分では改善することは難しいので、防止対策が重要になります。

夏場は汗で日焼け止めが流れてしまうので、小まめにつけ直します。
紫外線を浴びるとコラーゲンやエラスチンが傷つき、肌の老化が進みます。

人間には紫外線のダメージから肌を守る機能が備わっていますが、紫外線が真皮まで届き細胞を傷つけないようにブロックするのがメラニンです。
生成されたメラニンは通常であればスムーズに排出され、本来の肌に色に戻ります。

しかし、紫外線対策をせずに紫外線を浴び続け、肌のターンオーバーが停滞するとメラニンが過剰に生成されて色素が沈着します。

できてしまったシミを消す方法

肌のシミを消す方法として最も高い効果が期待できるのが、美容クリニックや皮膚科クリニックでの治療です。

クリニックでは皮膚の専門医が肌の状態をチェックして施術を行います。
クリニックのシミ治療では外用薬による治療やレーザー治療、ピーリング治療などがよく知られています。

外用薬によるシミ治療とは

外用薬を使ったシミ治療の中心は、トレチノインとハイドロキノンです。

トレチノインはビタミンA誘導体で、ピーリング作用があります。
アメリカではニキビの治療薬として有名で、後にシワやシミの改善などアンチエイジング治療にも使われるようになります。

トレチノインは古い角質を剥がしてメラニンを排出し、皮膚の再生を促します。
皮脂の分泌を抑えるので、ニキビを防ぐ効果もきたいできます。
もともと血液中に含まれている成分なので、アレルギー反応を起こしにくいというメリットもあります。

トレチノインはアメリカのFDAに認可されている薬です。
ハイドロキノンは強い漂白効果を持つ美白剤で、美白成分として有名なコウジ酸やアルブチンの100倍もの美白作用があります。

老人性色素沈着だけでなくソバカスや肝斑にも効果を発揮します。
シミはもちろん、ニキビ跡やシワにも使えます。

トレチノインとハイドロキノンは単独でもシミに対する改善効果が期待できますが、併用することでさらに高い効果が得られます。
トレチノインがシミの原因となるメラニンの排出を促し、ハイドロキノンは新しいシミができないようにメラニンの生成を抑えます。

ハイドロキノンは浸透しにくいので、トレチノインを併用することで肌への浸透を高めることができます。
効果が出るまでの期間はシミの状態や肌質によって異なりますが、薄いシミであれば1ヶ月から3ヶ月くらいで徐々に改善します。

医療レーザーによるシミ治療

日本では医療レーザーによるシミ治療も人気があります。

レーザーは黒いものに反応して熱を出すので、シミだけを狙うことができます。
シミの部分にレーザーを照射すると熱が発生してメラニン色素が破壊されます。

レーザーを照射した直後はシミが濃くなります。ダメージを保護するためにクリームを塗りテープで皮膚を保護します。
1週間くらい経つとカサブタができ、カサブタが取れるとピンク色をした地肌が出てきます。

まだ皮膚として未熟なので十分にケアして保護します。
皮膚の再生には時間がかかるので、レーザー治療を受けてから半年くらいは日焼けに気をつけて皮膚を保護したほうが安心です。

気軽に受けられるケミカルピーリング

シミ治療の中で比較的気軽に受けることができ、料金もリーズナブルなのがケミカルピーリングです。

グリコール酸やTCA、サルチル酸、乳酸などの薬剤を肌の状態に合わせて使うケミカルピーリングは、古い角質を無理なく取り除きます。
シミはもちろんニキビ跡や肌荒れにも使われます。

古い角質を除去して肌のターンオーバーを正常な状態に戻すので、本来の健康で美しい肌を取り戻すことができます。
クリニックでケミカルピーリングを受けた後は肌が敏感になっています。

自宅では保湿ケアをしっかりして、外出時は必ず日焼け止めを塗り紫外線対策をすることが大切です。

まとめ

日本では様々な肌トラブルに悩む女性が多く、シミもそのひとつです。

セルフケアだと改善が難しいシミも、専門家による適切な治療によって美しい肌に戻すことは可能です。

クリニックによって治療方法や治療期間、料金が異なるので、事前に確認しておくことが大切です。

出典:シミを消す化粧品の口コミ・評判