有害な紫外線を避け日焼けをせずに美肌をキープする方法

この記事を書いた人

ペンネーム:ビーハダ
プロフィール:日焼けをしたくない34歳の男です。有害な紫外線を浴びないようにし、美肌をキープできるように日々紫外線対策をしてます。紫外線を浴びないための工夫をするのが大好きな健康オタクです。

飲む日焼け止めサプリを活用

最近では飲む日焼け止めというサプリメントも発売されているために、紫外線をできるだけ避けたいという方や、日焼け対策をしたいという方におすすめです。

私もその飲む日焼け止めサプリのことを口コミサイトで知り、日焼け止めサプリという商品に興味を持つようになったのです。
これまでは日焼け止めというと肌に塗りこむものでしたが、飲む日焼け止めは文字通り飲んで日焼け対策をするのです。

これなら肌にベトベトしなくて汗を気にせずに済みますし、非常に利便性が高いのが飲む日焼け止めサプリになります。
出かける前にしっかりと摂取することで、日焼け対策もできます。

紫外線というのは多くが目から入ってくるので、その目を保護する意味でもサングラスと飲む日焼け止めサプリはかなり有効でしょう。
私も飲む日焼け止めサプリを購入して対策してから、以前よりも紫外線日焼け対策が万全になれましたし、飲みやすくて気に入っています。

恥ずかしがらずに日傘を差す

今では女性だけではなく、多くの男性が日傘を差すようになりました。

日傘って女性のイメージがあるかもしれませんが、有害な紫外線から肌を守るためには日傘も効果的です。
熱中症対策にもなりますし、日傘を差すことで直接太陽の光を浴びなくて済むためにかなり良いですよ。

紫外線をカットできるので日傘ってとてもありがたいですし、男性だからという理由だけで日傘を差さないのはもったいない話です。
私も全然周囲を気にせずに日傘を差しますし、美肌をキープできるようにするために、日傘を活用するのは理に適っています。

日傘があれば急な夕立などがあっても安心ですし、持っておくと何かと便利です。
紫外線というのは想像している以上に危険なものなので、日傘で万全な紫外線対策をするのがおすすめですね。

そうすることにより、将来他の人よりも肌がキレイである可能性も高いので、今のうちから十分な紫外線対策をしておくのが良いです。

できるだけ夜に出かける

紫外線というのは朝早くからすでに出ているために、日中の外出というのは危険がいっぱいです。

もちろん、仕事をしている人や学生の方であれば毎日通勤や通学で紫外線を浴びることになります。
そのような人だと飲む日焼け止めサプリや日傘が有効ですが、仕事をしていない人や学生ではない人、在宅ワーカーは夜に出歩くのがおすすめです。

日が落ちた後だと紫外線を浴びずに済みますし、日焼けの心配もありません。
あんまり紫外線対策にお金をかけたくないという人や、肌が弱くて紫外線を浴びたくないという方であれば、夜の外出が合っているでしょう。

特に10時から18時くらいは暑くて紫外線もまだ出ているので、できるだけその時間帯は日光に浴びないようにすることで、美肌に近づける可能性がアップします。

営業の仕事などの方ならそうはいかないので、そのような方は日焼け対策として飲む日焼け止めサプリを活用したり、日傘を差すのも良いのではないでしょうか。

帽子長袖着用で紫外線をシャットアウトする

夏の暑い日でも長袖長ズボンに帽子という格好の方々も多くいます。

それは紫外線を避けるためには最適なので、日焼けをしたくないという方であれば、帽子と長袖で対策をしてください。
紫外線の出ている時間帯に肌を露出しているとどうしても日焼けしてしまいますし、肌にも良くありません。

そこで、帽子と長袖で紫外線をうまくシャットアウトできるようにするのも有効です。
暑くて暑くて我慢できないという場合、保冷剤などを持っておくのも良いですよ。

水分をこまめに取りながら、帽子と長袖の防備で有害な紫外線をできるだけカットできるようにしてください。
夏にいつも長袖を着ていて変と思われたとしても、紫外線を浴び続けて日焼けするよりはずっとマシなのです。

将来のことを考えるのはすごく大切なので、いつまでも美肌で居続けられるようにしてください。

まとめ

・飲む日焼け止めサプリを上手に活用する
・日傘を差して紫外線熱中症対策をする
・なるべく夜の時間帯に外出する
・帽子と長袖を着用して紫外線をカット

飲む日焼け止めサプリは日焼け対策・紫外線対策をしたい人におすすめのサプリメントです。

有害な紫外線から目や肌を保護するためにも、飲む日焼け止めサプリを飲んでサングラスをするのが効果的ですよ。
また、日傘を差すことで紫外線を浴びるのを避けることができます。

日傘は女性だけではなく、男性の利用もどんどん増えているので恥ずかしがる必要がありません。
肌のためと思い、積極的に日傘を差すのがおすすめです。

紫外線をとにかく浴びたくない!という方や、肌が弱いという方は夜の外出が合っています。夜だと紫外線のことを気にせず外出できるので肌にも優しいです。
もちろん、毎日夜更かししたり遅くに外出するのはいけませんが、そうでない限り紫外線対策として夜の外出も良いでしょう。

昼の時間帯に出かける必要があるときは、飲む日焼け止めサプリを飲んだり長袖と帽子を着用することで、日焼け対策をすることができますよ。

30代後半女がおばあさん的ほうれい線を消し去った方法

この記事を書いた人

ペンネーム:ふりる
プロフィール:
30代前半は「お母さん、きれいでいいなあ」なんて言われていたのに、30代後半になって深刻なほうれい線が!
ママ友には「疲れてるの?」なんて言われるほど顔全体がたるんでしまってどんどん老けていく一方。
ショックで引きこもり主婦だった私がほうれい線を消して、楽しく過ごせるようになった方法をお教えします。

なぜほうれい線ができるのか?

ほうれい線を消すためには、まずほうれい線のことをよく知っておかなければなりません。

ほうれい線は小鼻の下あたりから口の横まで弧を描くようにのびるシワですが、これはそもそも顔の筋肉の境目になる部分です。

ですから、何らかの理由で皮膚がたるむとこの境目からくっきり溝を作ってたれてしまうため、シワが深くなりほうれい線がくっきりと浮き出てしまうのです。

皮膚がたるむ理由もいくつかあります。

加齢による筋肉の衰え

年齢を重ねていくうちに、どうしても筋肉は衰えてたるみを引き起こします。

さらに、腕や足のように簡単に筋トレできる部位ではないのでそのままたるみによるシワがふえてしまいます。

むくみ

女性に多い冷え性は全身の血行不良を引き起こし、むくみを助長してしまいます。

むくんだ重さで皮膚がたれてしまい、ほうれい線を濃くしてしまいます。

お肌の乾燥

乾燥はシワの大敵です。乾燥した状態が続くとシワが深く刻まれ、消えにくいほうれい線になってしまいます。

紫外線

紫外線は日焼けが怖いだけでなく、お肌の弾力を作るコラーゲンなどを減少させるという怖い影響があります。

肌の弾力がなくなるともちろんシワができやすくなり、ほうれい線もくっきりしてしまいます。

偏った食生活

体もお肌も、食べた食事によって作られます。

きちんと栄養バランスの取れた食事をしなければお肌も荒れやすく、ハリもなくなってしまいます。

栄養の行き渡らないお肌では弾力もなくなり、シワが深くなりやすくなってしまいます。

喫煙

喫煙は体中の毛細血管を収縮させ、血行を悪くしてお肌も老化しやすくなってしまいます。

お肌の老化が促進するとシワもできやすく、お肌のツヤも悪くなってしまいます。

ほうれい線を消す方法とは?

ほうれい線を消すためには、前述の皮膚がたるんでしまう要因を避けなければなりません。

顔のむくみは血行不良から引き起こされるため、運動したり水やお茶をこまめに飲んで、新陳代謝をよくすることも効果的です。

お肌の乾燥予防にさまざまな化粧品がありますが、お肌への刺激を極力避け、お肌自身のうるおいを閉じ込めるために白色ワセリンを薄く塗って保護するという方法もあります。

紫外線対策のために日焼け止めを塗るのも効果的ですが、汗をかくとすぐに落ちてしまいますし、なんども塗りなおすのもお肌への刺激となることがあります。

日傘や帽子などを日頃から使用して、紫外線を避ける工夫をする事が大事です。

食事も、自分で気をつけて栄養が偏らないよう工夫する事が必要ですし、喫煙はそもそも百害あって一利なし、健康の為にも禁煙することがおすすめです。

さて、問題なのは顔の筋肉の衰えによる皮膚のたるみです。

いろいろ気をつけていても、そもそもの顔の筋肉が衰えてしまうと皮膚はたるんでしまいます。
そこで有効なのが「顔面エクササイズ」です。

顔の筋肉を鍛える事で皮膚のたれを防ぎ、シワを消す事ができるのです。
それでは、詳しい「顔面エクササイズ」の方法をお教えします!

顔面エクササイズの方法とは?

顔面エクササイズは顔の筋肉を鍛える為の運動ですので、顔的には本当におもしろ顔になってしまいます。

でも、恥ずかしがって顔の動きを小さく押さえてしまうと効果はありません。
鏡で自分の顔を確認してしっかり動かせているかをチェックしながらやりましょう。

あいうえお運動

あいうえお運動は、その名の通りあ・い・う・え・おを顔全体を使うようにして発声するエクササイズです。

声は出す必要はありませんが、ひとつひとつをオーバー気味に口を大きく動かしていきます。

「あ」は口をできるだけ大きく開けて
「い」は口を思いっきり横にのばします。
「う」はひょっとこのように口をぎゅーっと前へ突き出します。
「え」は口が三角形になるイメージで、出来るだけ大きく動かします。
「お」は口を小さく丸く開けた状態のまま、鯉が口をぱっかりと開けているようなイメージでしっかりと開けます。

アヒル口運動

アヒル口は、ほうれい線を消すのにとても有効な運動です。
しかし、しっかりコツを押さえてやらなければ意味がありません。

はじめに口をすぼめて思いっきり前へ突き出します。ひょっとこの状態です。
その状態のまま、唇の両端の口角だけを上にあげます。

顔はかなり「あいーん」のような顔になってしまいますが、この表情がとてもほうれい線に効果的なのです。
その状態のまま、出来る限りキープします。

日頃動かさない部分の筋肉を使うため、ほっぺた周りがかなりピクピクして痛くなってくると思います。
それでもがんばって、何度かこのアヒル口運動を続けます。

私だけでなく、これらの顔面エクササイズは実際にほうれい線に効果があったという口コミはたくさんあります。

○口角の上がった口になった!意識しなくてもシワのないアヒル口をキープできてる。
○続けていくと、けっこうたるまないようになった。
○気づいた時にするようにしたら、ほうれい線が気にならないようになってきた。

私も深刻に悩んでいた時期がありましたが、この顔面エクササイズで今ではウソのようにほうれい線が消えて老け顔からおさらばできました。

ぜひ毎日顔面エクササイズをして、顔のたるみを予防してください。

まとめ

あいうえお運動とアヒル口運動を毎日続ける事で、ほうれい線まわりの筋肉が鍛えられ、シワが薄くなってくるのを実感できると思います。

いろいろな化粧品を塗ってみる前に、お手軽にできるこれらの顔面エクササイズをしてほうれい線を消してしまいましょう!

気になるシミをきれいに消して本来の美しい肌に戻す方法

この記事を書いた人

ペンネーム:麻子
プロフィール:IT企業を退社して現在はフリー。学生時代からコスメおたくです。コスメ売り場に行くと幸せを感じます。ストレスで肌がものすごく荒れてしまった反省から、心身の健康にも気を使っています。

紫外線のダメージとシミ

日焼け止めを塗っていても完璧にシミを防ぐのは至難の業です。

シミができる理由は人によって異なりますが、最も多いのが紫外線によるシミです。
老人性色素斑は紫外線を浴びると出てくるシミで、特に30代に入ると出やすくなります。
紫外線を浴びたダメージが肌に蓄積した結果として徐々に現れます。
老人性色素斑は一旦出てくると自分では改善することは難しいので、防止対策が重要になります。

夏場は汗で日焼け止めが流れてしまうので、小まめにつけ直します。
紫外線を浴びるとコラーゲンやエラスチンが傷つき、肌の老化が進みます。

人間には紫外線のダメージから肌を守る機能が備わっていますが、紫外線が真皮まで届き細胞を傷つけないようにブロックするのがメラニンです。
生成されたメラニンは通常であればスムーズに排出され、本来の肌に色に戻ります。

しかし、紫外線対策をせずに紫外線を浴び続け、肌のターンオーバーが停滞するとメラニンが過剰に生成されて色素が沈着します。

できてしまったシミを消す方法

肌のシミを消す方法として最も高い効果が期待できるのが、美容クリニックや皮膚科クリニックでの治療です。

クリニックでは皮膚の専門医が肌の状態をチェックして施術を行います。
クリニックのシミ治療では外用薬による治療やレーザー治療、ピーリング治療などがよく知られています。

外用薬によるシミ治療とは

外用薬を使ったシミ治療の中心は、トレチノインとハイドロキノンです。

トレチノインはビタミンA誘導体で、ピーリング作用があります。
アメリカではニキビの治療薬として有名で、後にシワやシミの改善などアンチエイジング治療にも使われるようになります。

トレチノインは古い角質を剥がしてメラニンを排出し、皮膚の再生を促します。
皮脂の分泌を抑えるので、ニキビを防ぐ効果もきたいできます。
もともと血液中に含まれている成分なので、アレルギー反応を起こしにくいというメリットもあります。

トレチノインはアメリカのFDAに認可されている薬です。
ハイドロキノンは強い漂白効果を持つ美白剤で、美白成分として有名なコウジ酸やアルブチンの100倍もの美白作用があります。

老人性色素沈着だけでなくソバカスや肝斑にも効果を発揮します。
シミはもちろん、ニキビ跡やシワにも使えます。

トレチノインとハイドロキノンは単独でもシミに対する改善効果が期待できますが、併用することでさらに高い効果が得られます。
トレチノインがシミの原因となるメラニンの排出を促し、ハイドロキノンは新しいシミができないようにメラニンの生成を抑えます。

ハイドロキノンは浸透しにくいので、トレチノインを併用することで肌への浸透を高めることができます。
効果が出るまでの期間はシミの状態や肌質によって異なりますが、薄いシミであれば1ヶ月から3ヶ月くらいで徐々に改善します。

医療レーザーによるシミ治療

日本では医療レーザーによるシミ治療も人気があります。

レーザーは黒いものに反応して熱を出すので、シミだけを狙うことができます。
シミの部分にレーザーを照射すると熱が発生してメラニン色素が破壊されます。

レーザーを照射した直後はシミが濃くなります。ダメージを保護するためにクリームを塗りテープで皮膚を保護します。
1週間くらい経つとカサブタができ、カサブタが取れるとピンク色をした地肌が出てきます。

まだ皮膚として未熟なので十分にケアして保護します。
皮膚の再生には時間がかかるので、レーザー治療を受けてから半年くらいは日焼けに気をつけて皮膚を保護したほうが安心です。

気軽に受けられるケミカルピーリング

シミ治療の中で比較的気軽に受けることができ、料金もリーズナブルなのがケミカルピーリングです。

グリコール酸やTCA、サルチル酸、乳酸などの薬剤を肌の状態に合わせて使うケミカルピーリングは、古い角質を無理なく取り除きます。
シミはもちろんニキビ跡や肌荒れにも使われます。

古い角質を除去して肌のターンオーバーを正常な状態に戻すので、本来の健康で美しい肌を取り戻すことができます。
クリニックでケミカルピーリングを受けた後は肌が敏感になっています。

自宅では保湿ケアをしっかりして、外出時は必ず日焼け止めを塗り紫外線対策をすることが大切です。

まとめ

日本では様々な肌トラブルに悩む女性が多く、シミもそのひとつです。

セルフケアだと改善が難しいシミも、専門家による適切な治療によって美しい肌に戻すことは可能です。

クリニックによって治療方法や治療期間、料金が異なるので、事前に確認しておくことが大切です。

出典:シミを消す化粧品の口コミ・評判